スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームシステム制作日記


mp-title


 こんばんわ。ミノンです♪

 久しぶりの更新になってしまいました...。すみませんですm(_ _)m
理由は、色々ありますが一番大きいのは

「説明が難しいんです」


 説明文を考えて書いては消して、書いては消して...。の繰り返し。
どうすれば分かりやすい説明が出来るか?初めての人でも、「へぇ、この処理ではこんな事をしているんだ」と分かってくれるのか?それを追求するあまり、書いては消し書いては消し...(;´・ω・)

 おかげさまで、中々いいものが出来ません(´;ω;`)

 という訳で、良い物が出来るまでちょっと休息を...(´;ω;`)
と言っても、待っている方もいると思うので先に答えを載せちゃいますね。

 では、前回言っていた「gameItem」フォルダを新たに作って、その中に「PreparationItem.txt」を作ってその中に値を入れる事」についてまずは、答え合わせと参りましょうか...。

 という訳でまずは、答えは以下の通り...

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
(function() {
/**
*
* @namespace PreparationUtils
* @memberof MSN.Preparation
*/

//変数定義
var _Game_Interpreter_pluginCommand =
Game_Interpreter.prototype.pluginCommand;
Game_Interpreter.prototype.pluginCommand = function(command, args) {
// actual initialize(コマンド呼出し処理)
_Game_Interpreter_pluginCommand.call(this,command,args);

//変数定義
var preparationPath = '';
var preparationFileNm = 'PreparationItem.txt';
var booRet = false;

// XMLの書き込みコマンド
if(command == 'CreateDataTextFile'){
//ファイル名を取得
preparationPath = $gameSystem.localGameItemFilePath(preparationFileNm);
//変数定義
var fs = require('fs');
//調合ID,道具ID,個数,道具ID,個数...
//args[0]:調合アイテムID.調合に必要なアイテムID,個数...
var fsData = args[0]+"\n"; //書き込むデータの作成
//該当するディレクトリの存在チェック
var dirPath = $gameSystem.localGameItemFileDirectoryPath();
if(!fs.existsSync(dirPath)) {
fs.mkdirSync(dirPath);
}
//該当するファイルの存在チェック
if(fs.existsSync(preparationPath)){
//書き込みデータの有無チェック
booRet = $gameSystem.checkPreparationItem(preparationPath, args[0]);
}
if(booRet === true){
//何もしない
}else{
//書き込み
var fd = fs.openSync(preparationPath, "a");
fs.writeSync(fd, fsData, 0, "ascii");
fs.closeSync(fd);
}
}
};
/**
* 調合のファイルパスを取得
* @returns 調合のファイルパス名
*/
Game_System.prototype.localGameItemFileDirectoryPath = function() {
var path = window.location.pathname.replace(/(\/www|)\/[^\/]*$/, '/gameItem/');
if (path.match(/^\/([A-Z]\:)/)) {
path = path.slice(1);
}
return decodeURIComponent(path);
};
/**
* 調合アイテム保存用ファイル名をフルパスで取得
* @param preparationFileNm 調合アイテムファイル名
* @returns 調合のファイル名(フルパス)
*/
Game_System.prototype.localGameItemFilePath = function(preparationFileNm) {
return $gameSystem.localGameItemFileDirectoryPath() + preparationFileNm
};
/**
* 書き込むデータの存在チェック
* @param preparationPath 読み込むファイルパス
* @param preparationItemData 書き込むデータ
* @return true:同一データあり false:同一データなし
*/
Game_System.prototype.checkPreparationItem = function(preparationPath,preparationItem){
//変数定義
var fr = require('fs');
var booRet = false;
//ファイルの読み込み
var text = fr.readFileSync(preparationPath,"ascii");
//改行コードにてsplitし、1行ずつ読み込む
var strData = text.toString().split("\n");
var strFile = '';
for(var i = 0;i < strData.length - 1; i++){
strFile = strData[i].replace(/(^\s+)|(\s+$)/g, "");
if(strFile === preparationItem){
booRet = true;
}
};
return booRet;
};

}());
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 見づらいと思います、ごめんなさいですm(_ _)m
 このブログにJavaScriptソースを張り付けて、一つ一つ解説しようと思ったのですが、そのためには新たにHPを作成しなければならないので、その時間が作れなくって(;´・ω・)

 
 さてさて、このソースを見て一言...



 なにやってんだぁ、全然分からんわい(# ゚Д゚)


 という方も、まぁまぁ...(;´・ω・)

 1つ1つの解説は、私が書き終えたらという事で...勘弁してくださいm(_ _)m 

 ここで一つお知らせです。
私ミノンは、他のHPを主軸として活動しています(;´・ω・)それは、

猫民の詩のBlog

 こちらでは、主にその日にやった作業内容やツクールMVでシステムを作る際の備忘録をまとめているものです。猫民の詩のBlogは基本毎日更新しているので、もし宜しければ覗いてくださいですm(_ _)m

 では、今回はこの辺で失礼致しますm(_ _)m

 ではでは、ミノンでしたm(_ _)m

↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ゲームシステム制作日記


mp-title


 こんばんわ。ミノンです♪
 さてさて、ゲームシステム制作日記の第三段ですね。今回も宜しくお願い致しますm(_ _)m

 まずは、先週の宿題である「調合するためのレシピに必要なものって何でしょう?」についてです。皆さん、考えはまとまりましたか?

 私が考える「調合するためのレシピに必要なもの」とは...。
 ①調合で出来るアイテム名
 ②調合で出来るアイテムに必要な道具ID
 ③調合で出来るアイテムに必要な道具の数量
 ④調合のレシピ本のID

 上記の内容ですね。勿論、以下の事だって考えられます。
「調合する際に、道具だけではなく武器や防具を使って道具が作れるようにしたい!」「調合する際に、『大事なもの』の中にあるアイテムを使いたい!」
 これらについては、応用で出来るので応用編としてやってみましょうね。

 ではでは、早速作っていきたいと思います。


ちょっと待ったぁ

 その前に、Javascriptって皆さん知っていますかね...?

 恐らく、知らない方もいるかと思います。

 なので、次回からは作り方を解説 + ツクールmvでのJavaScript講座を行いたいと思います。
 要は、ツクールmvでのJavaScriptを作りたい人専用講座という所でしょうかね...。

 次回は、「gameItem」フォルダを新たに作って、その中に「PreparationItem.txt」を作ってその中に値を入れる事」を作ってみましょう!

 教え方としては、以下の方法を取ろうと考えております。
 ①まずは、私が作ったものを見せる
 ②その考え方を解説する

 この方が、作りたい方にとっては良いかと思いましてね…。

 では、今回はこの辺で失礼致しますm(_ _)m

 ではでは、ミノンでしたm(_ _)m

↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゲームシステム制作日記


mp-title


 こんばんわ。ミノンです♪
 さてさて、ゲームシステム政策日記の第二段ですね。今回も宜しくお願い致しますm(_ _)m

 先週から始まった「調合システム」の開発。まずは、おさらいとして主人であるネコタからのオーダーをおさらいしてみましょう。

 <調合システムについて>
 (1)調合のイメージは、アイテム同士をくっつけて新たなアイテムを作る事。イメージはFF10でいう、リュックの特技
 (2)調合するためには、レシピ本が必要。そのレシピ本が無いと、調合できないようにしたい
 (3)調合システム導入時から、調合が出来るようにしたい

 この内容を実現するためには、どういう考え方をすれば良いのでしょうかね…。私が考えた答えは、以下の通りです。

 (1)調合のイメージは、アイテム同士をくっつけて新たなアイテムを作る事。イメージはFF10でいう、リュックの特技
  ①アイテム同士をくっつけるという事は、そのアイテムを持っているかどうか確認をしなければならない
  ②アイテム同士をくっつけるという事は、何と何をくっつけるのか?調合のレシピを記載したものを何処かに保存しなければいけない
 
 (2)調合するためには、レシピ本が必要。そのレシピ本が無いと、調合できないようにしたい
  ①調合するために必要なレシピ本を入手しているかどうかの確認をしなければならない

 (3)調合システム導入時から、調合が出来るようにしたい
  ①調合するためのレシピ本を持っている必要がある
  ②調合する材料と調合できる内容を何かに保存しなければならない

 という事を考えました。さて、ではこれを実現するためにはどうすれば良いでしょうか…。私はこう考えます。

 <調合システム実現のために>
 (1)調合するレシピ本を、アイテムカテゴリ「大事なもの」の中にいれる必要があること
  ※アイテムカテゴリ「大事なもの」の中身は売れない為
 (2)調合するためのレシピは、「gameItem」フォルダを新たに作って、その中に「PreparationItem.txt」を作ってその中に値を入れればよい
(3)調合で必要なアイテムを持っているかどうか?については、既にあるメソッドを使用して確認する

 勿論、他の方法もあります。例えば...。
 (2)調合するためのレシピは、「gameItem」フォルダを新たに作って、その中に「PreparationItem.txt」を作ってその中に値を入れればよい
この方法の代替えバージョンとしては、アイテムのメモ欄に調合で必要なものを記載するというやり方もあります。

 さてさて、これらの方法を実現するためにはどうすれば良いか?という事ですが…。

 画面を作る上で、先に必要なシステムを作ってしまいましょう♪
 
 そのシステムとは、「(2)調合するためのレシピは、「gameItem」フォルダを新たに作って、その中に「PreparationItem.txt」を作ってその中に値を入れればよい」です。

 調合するためのレシピ本が無ければ、調合システム自体動きませんものね…。

 という訳で、このシステムを作ってみたいと思います。

 ではでは、調合するためのレシピに必要なものって何でしょう?さあ、皆で考えようm(_ _)m
 
 答えは、次のブログ記事でお伝えしますね。

 ではでは、ミノンでしたm(_ _)m

↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゲームシステム制作日記

 お久しぶりです。ミノンです♪

 結構お久しぶりになってしまいました(;´・ω・)待っていてくれた皆さん、すみませんです(;´・ω・)

 これからは週一回のペースで更新していきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致しますm(_ _)m

 ではでは、早速ゲームシステムを作りましょう♪


mp-title



 今回、皆さんと一緒に作ろうと思っているシステムは…。

「調合システム」


 今、主人のネコタが作っているゲームでも使われている「調合システム」。これを一緒に作ってみましょう♪

 では早速…。と行きたいのですが、それは難しい注文なんですね…。

 まずまず、システムを作る上でおおざっぱで良いので以下の事を考えてください。

<考える事>
 ①調合システムってどんなシステムなのか?
 ②調合する際に何が必要なのか?

 ①について。どういうシステムが欲しいのか?きちんと整理する事が必要です。
 (1)どんな機能があるのか?
 (2)どういうレイアウトが良いのか?
 
 ②について。調合する際に、何が必要なのか?アイテムだけで調合するのか?など、調合をするうえで何が必要なのか?きちんと整理する事が重要です。

 ではでは、主人であるネコタからのオーダーを見てみましょう。

 <調合システムについて>
 (1)調合のイメージは、アイテム同士をくっつけて新たなアイテムを作る事。イメージはFF10でいう、リュックの特技
 (2)調合するためには、レシピ本が必要。そのレシピ本が無いと、調合できないようにしたい
 (3)調合システム導入時から、調合が出来るようにしたい

 まあ、当時は色々オーダーがありましたね…。

 さてさて、ではこのオーダーを叶える為にはどうすれば良いでしょうか?さあ、皆で考えようm(_ _)m

 答えは、次のブログ記事でお伝えしますね。

 ではでは、ミノンでしたm(_ _)m

↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゲームシステムの作り方~必要なもの

 こんばんわ、ミノンです♪

 さてさて、今日から連載するのは...。
「みんなでツクールmvでゲームシステムを作ってみよう!」

 です。まあ、作り方さえ分かれば、自分が思い描いていた構想を自分でゲームに組み込めるのでね...。それを、日々公開していこうと思います!!

 という訳で、まずはゲームシステムを作る上で必要なものの準備から参りましょう!

 ゲームシステムを作る上で、私がお世話になっているものは...。
             「eclipse」

です。

 eclipseとは、主にJava言語やJSP、Servlet、PHPなど主にWeb開発を行う上で必要な開発ツールなのですが、これがJavaScriptでも使えるのです!!これが、無料だし使い勝手の良い物なので早速ダウンロードしてください。

 eclipseのダウンロード方法に関しては、Javaの書籍や以下のHPで公開されているので是非ともチャレンジしてください。
URL:http://techfun.cc/java/windows-eclipse-install.html

 何が使い勝手がいいかというと、コメントの書き方が楽だったりタグの設定が楽だったりと色々と便利なのでお勧めです!!是非ともダウンロードしてみてくださいね。

 次の記事では、どういう画面を作るのか?を書きたいと思います。お楽しみに!!

 ではでは、この辺で失礼致しますm(_ _)m
プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。