スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム制作日記<8> レーザー発射&反射

op.png


みなさん、こんばんは。
ネコタです。


今回も恒例の『 コモンイベントで作るちょっとしたシステム 』 のご紹介。


今回は、先日作成したレーザー発射システムを応用したシステムで、
レーザー反射システムです。


対象物に当たると、光の向きを変えることができるシステム。これを使えば、レーザー発射システムをパズル要素として利用できます。


それでは、今回のシステムがどのような挙動をするのか見てみましょう。

tc9-5.png



今回は、発射台反射物(クリスタル)オーブを用意しました。



tc9-6.png



○を付けたところが、反射物(クリスタル)を起動するためのスイッチです。まずは、クリスタルのスイッチを入れてみましょう。



tc9-7.png



クリスタルが光りました。
これで、クリスタルにレーザー(光)が当たると、レーザー(光)の軌道を変えることができます。



tc9-8.png



レーザー(光)を発射してみました。
このが、クリスタルに当たると、



tc9-9.png



軌道をに変更しました。



tc9-10.png



オーブに当たって、オーブを起動しました。
こんな感じに、対象物に当たると光を好きな方向に進めることができるシステムです。

このシステムも、前回のオーブ起動と同様の方法でレーザー発射システムに組み込んで使うことができます。


それでは、イベントの中身を見てみましょう。




レーザー発射システムを確認したい方はこちら↓
ゲーム制作日記<6> レーザー発射

レーザーによるオーブ起動方法を確認したい方はこちら↓
ゲーム制作日記<7> レーザー発射&スイッチON




と、その前に。
まずは必要な物の確認から。


【必須】
スイッチ×1(ミラー起動用)
光イベント(レーザー発射システム参照
イベント(ミラー)



それでは、イベントを見ていきます。
まずは、反射用のミラー(クリスタル)から。

イベント : ミラー : 1ページ目
tc9-18.png

イベント : ミラー : 2ページ目
tc9-19.png


こちらはただの置物なので、中身は何も入っていません。
スイッチONにより、画像を変えているだけです。


イベント本体は、光イベントに入っています。


イベント : 光 : 3ページ目
tc9-3.png


ミラー演出用のイベント内容を入れています。
イベントページ自体はゲーム中に使用しないスイッチなので、起動されることはありません。



イベントの内容ですが、

まず、格納用の変数『対象位置X』および『対象位置Y』に、イベント『ミラー』位置XYをそれぞれ格納します。
その後、このイベント(光)位置XY対象位置X・Yからそれぞれ差し引きます。

条件分岐にある、Y値が1の時はイベントがミラーの1マス上にいるとき、X値が0の時は横軸上ミラーと同じ位置にいることを表します。

そして、イベントの向き=2というのは、テンキーを見て頂ければ分かりますが、それぞれ、

2=↓
4=←
6=→
8=↑

を表しています。

これらの条件を満たしているとき(要するに、ミラーに向かって上から突進してきてぶつかったとき)に以下の操作を行います。

・イベント(光)の向きを変更
・ミラーの位置情報を取得
・ミラーの位置にイベント(光)を移動
・再度、前進を繰り返させる


これで、進行方向が変わる操作の完成です。

これらを動かすのは、条件分岐スイッチ『反射1』ONのときに設定しておきます。



予め、光イベントにこれを作っておくと、このイベント自体をコピペするだけで仕様を引っ張って来れるので、後々便利です。



さて、これをコピペして、前回お話しした光イベント注釈の位置に貼り付けます。


イベント : 光 : 2ページ目
tc8-1.png

tc9-4.png


しかし、これだけだと2回目以降発射した時に、左に向かいっぱなしになってしまいます。そこで、


イベント : 光 : 向き変更
tc9-2.png


コマンド『移動ルートの設定:このイベント:一歩前進』の前に、コマンド『移動ルートの設定:このイベント:下を向く』を入れておきます。

同様に、オーブ用のイベントもコピペし、貼り付けます。
(前回の日記参照)

tc8-2.png


貼り付けた後、今回は位置が異なるので、条件分岐を少し変更します。


イベント : 光 : 2ページ目(オーブの条件分岐)
tc9-1.png


参考までに条件分岐の位置関係ですが、
矢印を光、▲を対象の位置としたとき、

  ↓
 ▲    :X=0、Y=1、矢印の向き=2

 ▲←  :X=-1、Y=0、矢印の向き=4

→▲  :X=1、Y=0、矢印の向き=6

 ▲
  ↑    :X=0、Y=-1、矢印の向き=8

となります。


これで、ミラーによる反射システムの完成です。


ちなみに、ミラーは何個でも増設できます。



例えば、クリスタル2つにし、反射を2回行わせてみましょう。


tc9-11.png


発射台から発射されたは、


tc9-14.png


一度クリスタルに当たってに曲がり、


tc9-15.png


もう一度クリスタルに当たってに進み、


tc9-17.png


オーブを起動させました。


2つ目を作る場合でも、
先ほどと同様の手順でミラー2を作成していきます。


イベント : 光 : 4ページ目(ミラー2コピペ用)
tc9-12.png

イベント : 光 : 2ページ目(コピペ追加後)
tc9-13.png


また、オーブの位置も変えたので、条件分岐から当たった時に起動するように変更します。


イベント : 光 : 2ページ目(オーブの条件分岐)
tc9-16.png


反射システムは以上です。


このように、基本となるレーザー発射システムに仕様を加えていくことで、機能を拡張させることができます。



次は、どんな機能を追加していこうかな~。

ではでは、今日はこの辺で。
ネコタでした。



↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。