スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム制作日記<19> シンボルエンカウント

op.png



みなさん、こんばんは。
ネコタです。



今回も恒例の『 コモンイベントで作るちょっとしたシステム 』 のご紹介。



今回ご紹介するのは、シンボルエンカウントです。


以前紹介した無限ミミックランダム出現システムを応用してみました。


ただまあ、シンボルエンカウント自体は、結構いろんなところでプラグインが作られているので・・・

探せば、いくつか出てきます。うん。


しかし、普通のイベントでも、やろうと思えばできてしまいます。

というか、シンボルエンカウントの基礎は自分で作ってみた方が良いです。

シンボルエンカウントのプラグインを導入しても、案外、思った通りに動かせなかったりするもんです。

そんな時に、基本的な仕組みが理解できてないと、困ることが多々あったりします。





それでは、今回のシステムでの仕様を紹介します。

指定されたリージョン(範囲)にランダムで出現。
倒されても時間がたてば再出現。
プレイヤー、他イベントの上に重なって出現することはありません。


追って来たりなんだりの処理はないので、やっぱり、プラグインの方が便利だったりします(笑)というか、これの仕様は出現処理だけですし。

ただ、出現に関しての操作がないプラグインもあります(そっちの方が多い?)ので、今回の記事は、そういったものと組み合わせるのに適した内容だと思います。



イベント : シンボルエンカウント
tc18-8.png


まず、戦闘とその後の処理に関する内容は1ページ目に記載しています。


内容は、変数トループIDを指定し、そのトループと戦闘処理を行います。

勝った時には消滅演出を行い、イベントを消去するためにセルフスイッチAをONにします。逃げた時には、待機演出を行います。

プラグインコマンドは気にしないでください。ただの演出です。


コモンイベント : 待機演出
tc18-5.png


コモンイベント : 消滅演出
tc18-6.png


セルフスイッチAがONになると、出現の処理に移行します。


イベント : 出現処理(2ページ目)
tc18-1.png
tc18-2.png
tc18-3.png
☆マークからが続きです)


出現処理に関しては、大まかにはゲーム制作日記<18> 無限ミミックと同じですので、今回は変更点だけ書きますね。


追加したところは、緑の枠で囲った部分です。


tc18-9.png

tc18-10.png


無限ミミックでは指定したリージョンIDを見つけたら、すぐにその場所に移動させていました。しかし、今回はイベントが乗っているかどうかの判定も加えています。

指定リージョンIDの位置にあるイベントIDを読み込み、条件分岐を組みます。この時、イベントIDが0以外なら何かしらのイベントがそこにいることになります。

その処理が、2つ目の緑枠”それ以外”の処理で、リージョンIDを再設定しています。


イベントIDが0だった場合にはイベントが居ない状態を表しますので、次に、プレイヤーがリージョンに乗っているかどうかの判定を行います。

プレイヤーの位置情報を取得し、プレイヤー位置XとYが一致する場合には、ラベルジャンプリージョン再設定(イベントがいる場合の処理)に飛ばします。

どちらかが不一致の場合には、その場所にはプレイヤーも居ないことになるので、ここでようやくシンボルエンカウントを移動させる処理が働きます。



以上が、今回のシンボルエンカウントの内容です。


プレイヤーの発見などの処理もやろうと思えばできるのでしょうが、もうそこまでやるくらいなら、プラグイン導入の方が早かったりします(´-∀-`;)


ただザコ敵がウロウロしているだけで良い程度のシンボルエンカウントでは、この程度で良いと思います。


私のゲームでは、ほんとにこの程度で十分。というか、敵に追いかけまわされるとか、迷惑なのでいらないです(笑)


ちょっと、シンボルエンカウントには思うところがありますので、次回書きますね。





ではでは、今日はこの辺で。
ネコタでした。





↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。

シンボルエンカウントいいですね。
でもしつこくくるのはたしかに鬱陶しいので、
これくらいのがいいと思います(笑)

シンボルエンカウントは普通のエンカウントに比べて
ダンジョンに敵が生息してる感が出ていいですよね。

ミミックシステムの応用効いてて大変いいシステムだと思います。

またきます。

Re: No title

御味噌屋さん、いつもありがとうございます。


シンボルエンカウントは、うまく使えば世界観を表現できますからね。
個人的には、結構好きです。
プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。