ゲーム制作日記<20> トリックスイッチ

op.png



みなさん、こんばんは。
ネコタです。



今回も恒例の『 コモンイベントで作るちょっとしたシステム 』 のご紹介。



今回紹介するのは、トリックスイッチです。


てか、自分。スイッチ作るの大好きね(笑)
これ、5個目じゃないですか。


tc19-1.png


ここに、いくつかのスイッチを用意しました。




tc19-2.png


これが、宝箱型のトリックスイッチです。




tc19-3.png


そして、これがスイッチ型のトリックスイッチです。




tc19-4.png


最後に、レバー型のトリックスイッチ。



これらを操作して、いずれかのトリックをクリアすると大扉が開く仕掛けです。


tc19-5.png






では、トリックをクリアした後の画像を見てみましょう。


tc19-7.png


このように、大扉が開いています。
画像は、全てのトリックをクリアさせています。





tc19-8.png


宝箱型のトリックスイッチは、全て開いたらクリアです。





tc19-9.png


スイッチ型のトリックスイッチは、全て押したらクリアです。





tc19-10.png


そして、レバー型のトリックスイッチは、全ての向きが揃ったらクリアです。





これらのトリックスイッチには、共通点があります。

それは、押したら隣のスイッチも一緒に動くという仕掛けです。



宝箱型の場合は、どれかを開閉すると、その隣の宝箱も自動的に開閉します。開いているものは閉まり、閉まっているものは開きます。


スイッチ型の場合は、どれかを押すと、その隣のスイッチが押されるか飛び出るかします。押してあるスイッチは飛び出て、押されてないスイッチは一緒に押されます。

ちなみに、押してあるスイッチを踏んでも、何も起きません。そこが、宝箱と違うところですね。


レバー型の場合には、一段階たおすと、隣のレバーも一緒に一段階たおれます。倒れる順番はから始まり、中央、右、中央、左・・・と繰り返していきます。


これらの操作を繰り返して、見事条件をクリアすれば扉が開放される、というギミックです。

ちょっとした脳トレですね。



難易度的には、

スイッチ < 宝箱 < レバー

の順で難しくなっていきます。


今回は3個を1セットで用意しましたが、理屈上は4個でも5個でも・・・多分、10個になってもクリアできるはず。
(問題として成立するのは3個からです)


ただ、あまり難しくしてしまうと、トリック系が苦手な方には嫌がられてしまいます

使うとしたら、多くても5~7個くらいかなぁ、と思います。
3個だと、適当にいじってもクリアできるレベルの難易度です。


あと、ランダムエンカウントのシステムとは相性が悪いです。

トリックを解いている最中にエンカウントしてしまうのはたいへん鬱陶しいので、問題を開始した時点でエンカウントを切る必要があります。

シンボルエンカウントも、問題を解いている最中に入って来ないようにしましょう。




さて、それでは今回のイベントの中身を見てみましょうか。

今回はコモンイベントを使ってもいいですが、コモン化させてもほとんど役に立たないので、普通のイベントに全部書き込んだ方が良いです。


いきなり全部を紹介するのは大変なので、今回は、
最も難易度の低いスイッチ型だけ解説します。




まずは、準備するものの確認から。


【必須】
変数 ×4


【推奨】
ドア、スイッチ挙動用コモンイベント





それでは、大扉の内容から見ていきましょう。


大扉 : 1ページ目
tc19-12.png


気取って、英語にしてみました(笑)
純国産(というか、私自身の発案)ですので、安心してください。

ちなみに、私の英語力はほぼ皆無なので、間違っているかもしれません(笑)



大扉には、開放操作が書かれています。


大扉 : 1ページ目
tc19-29.png


緑の枠が、宝箱用の開放操作。
青い枠が、スイッチ用の開放操作になります。


内容としては、どちらも一緒です。

スイッチの方は変数で状態を管理しており、1ならON0ならOFFとしているので、スイッチ3つの状態を変数DoorStateに足して、であれば変数DoorState=4にする。足してにならなければ、0にリセットして、再び状態の監視を行います。


大扉 : 2ページ目
tc19-14.png



変数DoorState=4の時は、大扉が開いている状態です。

スイッチの状態を監視しなくなったので、あとはスイッチをいじっても何も起きません



次に、スイッチの方を見てみましょう。
ちょっと、ごちゃごちゃして見づらいです。


スイッチ1 : 1ページ目
tc19-16.png
tc19-18.png
☆マークからが続きです)


この内容は、3個セットのうち左端のスイッチの内容です。

やたら長くなっているのは、隣のスイッチを動かす内容が書いてあるからです。


宝箱やスイッチが動くときのテンプレートですので、コピペできるようにどこかに用意しておくと良いでしょう。


内容は、まず自身のスイッチのプッシュ動作を行います。
(ウエイトがかからないように、チェックを外しておきましょう)


そして、条件分岐を組み、隣のスイッチの状態を管理した変数=1の時(押してある状態の時)は、スイッチが飛び出る動作をさせて変数=0(スイッチが飛び出している状態)にします。

それ以外の時(スイッチが飛び出ている状態の時)は、逆に押す動作を行わせて変数=1(押してある状態)にします。

最後に、イベント自身の変数=1にして終了です。


スイッチ1 : 2ページ目
tc19-19.png


2ページ目には、何も書いていません。押してあるスイッチは、自分自身では操作不能にしています。


2番目のスイッチ3番目のスイッチも内容はおおむね同じです。
隣のスイッチの挙動を操作して、自身の変数=1にする。それだけです。


スイッチ2 : 1ページ目
tc19-20.png
tc19-21.png
tc19-22.png
tc19-23.png


スイッチ2 : 2ページ目
tc19-24.png



両隣があるスイッチは、内容が少し面倒くさいです。
綺麗に動かすためには、この形の条件分岐でないといけないので、ちょっと大変。


スイッチ1スイッチ3の状態がどのようになっているかで、動かし方を変えます。


・変数スイッチ1=1、かつ、変数スイッチ3=1
  →スイッチ1が飛び出す操作(ウエイトなし)
     +スイッチ3が飛び出す操作

・変数スイッチ1=1、かつ、変数スイッチ3=0
  →スイッチ1が飛び出す操作(ウエイトなし)
     +スイッチ3がへこむ操作

・変数スイッチ1=0、かつ、変数スイッチ3=1
  →スイッチ1がへこむ操作(ウエイトなし)
     +スイッチ3が飛び出す操作

・変数スイッチ1=0、かつ、変数スイッチ3=0
  →スイッチ1がへこむ操作(ウエイトなし)
     +スイッチ3がへこむ操作




3番目のスイッチは、1番目のスイッチとほぼ同じ内容になります。



スイッチ3 : 1ページ目
tc19-25.png
tc19-27.png


スイッチ3 : 2ページ目
tc19-28.png



これで、スイッチの挙動が完成しました。

これをたくさん作るのもなかなか面倒くさいので、作る側からしても3~5個くらいにしておきたいところですね(^^;



ここで終わり・・・
と行きたいですが、忘れてはいけないのが、
どうしようもなくなった方のためのフォロー

つまり、リセットボタンの存在です。


パズル・トリック系を組むときは、
必ずリセットボタンを用意してあげましょう。

でないと、最悪、取り返しがつかなくなって詰みます
(マップを変えると戻せる場合でも、あった方が親切です)


tc19-6.png


今回、このボタンはリセットボタンの役割を担っています。


リセットボタン : 1ページ目
tc19-30.png


今回はいろいろと用意してあるので、大扉、宝箱、スイッチの全ての状態を初期値に戻しています。




リセットボタン : 2ページ目
tc19-31.png


押しっぱなしではリセットボタンが1度しか使えないため、5秒後に自動でもとに戻るようにしています。



以上が、スイッチ型のトリックスイッチです。

次回は、宝箱型のトリックスイッチの作り方を説明しようと思います。




ではでは、今日はこの辺で。
ネコタでした。





↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。

ザ・ピラミッドトリックという感じですね。
数的処理的な脳トレになってて面白いです。
スイッチの数も3×3くらいがちょうどよさそうですね。
それ以上は作るのも解くのも難解になりそうです。宝箱スイッチはランダムでミミックになんかなったりしても面白いそうですが、難度が上がって萎えちゃえますかね(笑)

またきますねー。



Re: No title

こんにちは。いつもありがとうございます。

ミミック出てきたらウザそうなので、やめた方が良いかと思います(笑)

初めまして
このブログを拝見したのですが凄いですね
RPGツクール、いわゆるプログラミングっていうんですかね……?(;-ω-)
最近ちょっとゲーム制作に興味があったのですが凄いですね!
頑張って下さい!!

Re: タイトルなし

黒酢菌さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

RPGツクールは、感覚としては、ほぼプログラミグですね。
ただ、コンピュータ言語ではなく、日本語なり英語なりの言語で使えるという感じです。

興味があれば、きっと良い作品ができます。
お互い頑張りましょう(^O^)

プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR