ゲーム制作日記<22> トリックスイッチ3

op.png



みなさん、こんばんは。
ネコタです。



今回も恒例の『 コモンイベントで作るちょっとしたシステム 』 のご紹介。



前回までの内容で、スイッチ型宝箱型のトリックスイッチをご紹介しました。

今回は、予告通りレバー型トリックスイッチの解説です。


tc19-4.png



レバー型は、他のスイッチと比べて少し毛色が違います。
クリア条件が、全てのスイッチが同じ向きになったときでしたね。

そうなると、作り方も全く異なります。
なので、今回は一から作っていくことになります。



まずは、必要なものの確認です。


【必須】
変数4


【推奨】
コモンイベント:ドア開閉の挙動



必要なものは、他の型のトリックスイッチと同じですね。
それでは、イベントの中身を見ていきましょう。


最初は、縦列3個セットのうち、一番上のスイッチからです。


スイッチ1 : 1ページ目
tc21-1.png


他の型のスイッチに比べると、内容はすごく簡単ですね。
特に挙動が無いので、すっきりしています。

内容は、

・自分の状態変数を+1する。
隣のスイッチを管理する変数=3ならに変更、それ以外なら+1する。


これだけです。


それでは、2ページ目を見てみましょう。


スイッチ1 : 2ページ目
tc21-2.png


さて、何が変わったでしょうか?(笑)


変更したところを赤枠で囲ってみます。


スイッチ1 : 2ページ目
tc21-5.png


実は、内容は全くいじっておりません。
コピペで良いんです。

他のスイッチを作るときは変数=○と書いていましたが、今回はコピペで作りたいので、楽しちゃいました(笑)


それでは、3ページ目を見ていきましょう。


スイッチ1 : 3ページ目
tc21-6.png


変更点は赤枠で囲ってあります。
はい。これも内容はコピペです。



さて、よく見ると、
これでスイッチの画像は全て揃っているように思います。

しかし、ページは4ページありますね。



では、謎の4ページ目を見てみましょう。


スイッチ1 : 4ページ目
tc21-4.png


おや、2ページ目の画像と同じですね。
しかし、よく見ると中身が微妙に違います。


スイッチ1 : 4ページ目
tc21-8.png


赤枠部分が、2ページ目と違う箇所です。

レバーの挙動は左→中央→右→中央→左・・・
としたいのですが、右から中央に戻すときには
2ページ目に移行させると都合が悪いんです。

そこで、4ページ目を中央の画像にし、操作を変数=0(左向き)とすることで対応しました。




さて、ここまで見ると、条件分岐の内容も理解できるかと思います。


条件分岐の部分は、隣のスイッチを動かすための内容です。
条件分岐変数=3の時はそれをに変更し、それ以外の時は+1する、という内容でした。


変数=3の時というのは、右→中央の動きをしたときのページとなりますから、中央→左の動きを操作するには、変数を0に変えなければなりませんでしたね。

それ以外の状態というのは、右に到達していないので、変数を+1しています。



これで、レバー型トリックスイッチの基本的な動きはできました。



次に、中央のスイッチを見てみましょう。


スイッチ2 : 1~4ページ
tc21-9.png
tc21-10.png
tc21-11.png
tc21-12.png


内容としては、ほぼ同じです。
隣のスイッチが2つあるため、2つ分の操作が書いてあるくらいです。


スイッチ2 : 1ページ目
tc21-13.png


緑枠がスイッチ1の操作で、
青枠がスイッチ3の操作ですね。


2つめのスイッチの作り方は言わずもがな。
1つ目と同じように作ります


まずは、1ページ目を作成したら、内容をコピペして、


tc21-14.png
tc21-15.png
tc21-16.png


2~4ページ目については、
1つめと同様に赤い枠のところを変更して完了です。



3つ目のスイッチは、もう分かりますよね。

1つ目のスイッチコピペして使用する変数を変えてあげてください。




さて、これでスイッチは完成しました。
しかし、大変なのはこれからです。

レバー型スイッチによる大扉の開放条件を書き込みます。


大扉 : 1ページ目
tc21-17.png
tc21-18.png
tc21-20.png



条件分岐なげぇ!!


というわけで、1つずつ解説していきます。
まず、一番簡単なところから。


tc21-23.png


スイッチ1の変数=スイッチ2の変数=スイッチ3の変数の時、すなわち、全ての向きが揃っている時ですね。

この時はクリア条件を満たすので、ラベルジャンプ大扉開放のところまで飛ばします。



問題はこの下の長々と書いてある条件分岐ですが。

レバーが中央に位置している状態というのは、状態変数=1の時、=3の時の2通りあります。

なので、これらについての条件分岐を考えなければならないために、開放条件が長くなってしまいました。


これらの開放条件については、下の図で説明した方が早いです。


tc21-21.png


大扉の開放条件をざっとまとめました。



先ほど説明した全ての状態が同じときの条件分岐についてはもう記述してあるので、それらを削除します。



tc21-22.png


残った6つが、追記しなければならない条件分岐です。


長々と書いているのは、これらの記述です。すなわち、

・スイッチ1=1の時
   スイッチ2=1、かつ、スイッチ3=3
   スイッチ2=3、かつ、スイッチ3=1
            、かつ、スイッチ3=3

・スイッチ1=3の時
   スイッチ2=1、かつ、スイッチ3=1
            、かつ、スイッチ3=3
   スイッチ2=3、かつ、スイッチ3=1


イベントに書かれている条件分岐にの形に合わせて書いてみました。

条件を満たしたときの挙動は全部同じ。いちいち全部書くとかさばるし面倒くさいので、ラベルジャンプでまとめてしまいました。



以上、レバー型のトリックスイッチでした。


これで、全てのトリックスイッチを解説しましたね。


今回はトリックスイッチで大扉を動かしましたが、使い方は自由です。

機械を動かしてみたり、像が動き出してみたり、隠し階段が現れたり。


色んな所で、使い道はあると思います。
解き方もそんなに難しくないので、ご自分で考えてみてください。

どのトリックスイッチも、3つくらいの難易度なら適当にやっていれば、そのうちできますよ。




ではでは、今日はこの辺で。
ネコタでした。





↓お役に立ちましたら、クリックをお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR