ゲーム制作日記<25> ALQMEST制作状況

op.png



みなさん、こんばんは。
ネコタです。



今日は、現在制作中のゲーム「ALQMEST」の制作状況を報告します。


普段せっせとシステム作りをしていますが、一応、これも実際に使うものばかりですので、システム制作は結構はかどっています。


しかしながら、ストーリーが全く進んでいないという状況(笑)


システムのネタが思いついたときに作っておかないと、どっかに飛んで行ってしまうと思って・・・なかなか、他のことに手が回らないんですよね。


とはいえ、プラグイン制作は妻に。絵は絵師さんに制作してもらっています。並行して色々作業しているので、まあまあな進行具合かと思います。


全体の完成率としては、20%くらいでしょうかね。
今は、ストーリーよりも他の部分にだいぶ時間を割いています。




と、いうわけで。
今日は、依頼していた絵が完成したので、お披露目しようかと思います。

制作してくださった高鈴紅音様、ありがとうございます。




配布はしていないので、勝手にダウンロードしたり使用したりしないでくださいね。



それでは、今作の主人公アルトくんの登場です。

Alto_1.png


彼がまだ幼い頃、母は病気で亡くなり、父は行方不明になってしまった。
彼は父親の残した手記から錬金術を学び、出来上がった品を近くの町で売って生計を立てていた。

そんな彼には、1つの夢があった。

父親の手記には、賢者の石の記述があった。
その生成は錬金術師にとっての目標であり、
作り出すことができれば、どんな願いもかなえることができる
と言われる伝説の宝石だった。

彼は、志半ばで消息を絶ってしまった父に代わって、錬金術の完成を目指し、賢者の石を作るべく旅に出る決意をした。






アルトの、旅を始めた目的はこんな感じです。
ストーリーはまた別なので、これは、あくまで設定の話ですね。






そして、彼女がアルトのお供である妖精のロッテちゃんです。
キャラ1


運命に縛られた人間と、運命には縛られない妖精。
この2つの種族が出遭ったとき、運命の歯車は狂いだし、世界に大きな混乱がもたらされる。

だから、人間とは決して出会わないように・・・

そう、母から何度も何度も、耳にタコができるほど教え込まれてきたロッテ。


しかしながら、そんな言い伝えなどロッテは全く意に介しておらず、自由奔放に毎日を過ごしていた。



ある日、母にお使いを頼まれ、森で薬草とりをしていたロッテ。
ひょんなことから、人間であるアルトと出会ってしまった。



2人の出会いは、果たして偶然だったのか・・・



狂いだした運命の歯車は、世界を巻き込んで、あるべき終着点から少しずつ逸れていくのであった。







今作は、この2人が中心となって話が進んでいきます。
他、何人か登場人物が出てきますが、それはまたの機会に

絵が完成したら、また少しずつ発表していこうと思います。





紹介ついでに、今作のゲーム的要素についても一部紹介させていただきます。


今作の主人公アルトは、なかなか面白い特徴を持っています。

彼は錬金術師なので、”調合”を駆使して戦闘を有利にしていきます。


アルトが戦闘で使う調合は、”クイック調合”と呼び、アイテムTPを使用して攻撃や回復を行うことができます。


cr2-5.png



アルトのスキルについて説明する前に、簡単に、今回の戦闘システムを説明させていただきます。


戦闘は、スピード制となっています。
ターン開始時に、プレイヤーと敵が同時に行動を選択します。

そして、敏捷性の高いキャラクターから順番に行動し、全てのキャラクターが行動を終えたら1ターンが終了します。


戦闘は、両者ともTP50からスタートします。
相手に攻撃を行うためには、最低2TPを必要とします。

TPが0になると攻撃が出来なくなります


TPを溜める方法は、基本的には2通り


1つは、防御を選択すること。10TP溜まります。

もう1つは、ダメージを受けることです。
最大HPの2%のダメージにつき、1TP溜まります。

ただし、最大HPの2%以下のごく小さいダメージではTPが溜まりません。



今作では、以前紹介したTP式を取り入れていますので、戦闘におけるTPは大変重要なものです。


TPが大きければ攻撃によるダメージが増えますし、
小さければ逆にダメージが減ってしまいます

受けるダメージTPに反比例しますから、大きければ被ダメージは減り、小さければ増えてしまいます。



攻撃を仕掛けると、TPを消費します。
ダメージを与えれば、その分敵はTPを獲得します。


しかし、攻撃を仕掛けないわけにはいきません。
お互い、条件は同じです。


攻撃を仕掛けあいながら戦闘を行うわけですが、これらの仕組みによりTPが随時変化し、リアルタイムでダメージが変動していきます。そのため、回復防御攻撃状況に合わせて上手く使い分けて戦う必要がある、非常に戦略的なバトルシステムとなっています。

(と言っても、そんなに難しく考える必要がないように設計しています。よっぽど偏った形勢にならない限りは、そこまでダメージ変動は大きくありません)



さて、戦闘システムはこんなところで。


アルトのスキル紹介に戻りましょう。


cr2-4.png


アルトの使う”クイック調合”は、基本的にTPアイテムを消費します。

これは大きなデメリットですが、代わりに、メリットも相当大きなものとなっています。


画像にもあるように、アルトの作り出したアイテムは自身と敵のTP差を無視して攻撃を行えるものがいくつかあります。
紹介しているインスタント・ボムは、その1つです。

これは、クイック調合によってTPを消費する機会が多いアルトにとっては、重宝するスキルの1つとなるでしょう。


そして、このクイック調合。
実は、ターンを経過することなく即時発動します。


選択したその場で発動するため、アルトはスキルを使った後すぐに通常攻撃も可能です。防御してTP回復も可能です。

もちろん、またスキルを使用しても構いません。

これにより、TPアイテム(素材)がある限り、何度でも連続攻撃ができるというのが最大のメリットとなります。


ただし、これは大きなリスクと隣り合わせでもあります。


TP式では、TPが下がれば下がるほど不利なのは確実です。

スキルでTP無視できるからといって、何度も使用し、敵を倒しきれなかった場合・・・

その反動はとても大きいですね。
こちらと敵のTP差が圧倒的となるため、反撃が恐ろしい。


なので、プレイヤーはスキルを使用するタイミングや回数を慎重に選ばなければなりません

なかなかに癖のある主人公です。




次に、ロッテです。


cr2-3.png



ロッテは、細かいダメージを複数回与えるスキルを多く習得します。

耐久性、攻撃性という面での強さはあまり高くありませんが、素早い行動と、ダメージ分割パラメーター利用による火力アップを主としています。

TP式での戦闘では、ダメージを受けると反撃の威力が上がります。そうすると、先制攻撃できることによる有利性というのは、それほど有利というものでもありません

しかし、その有利性を担保してくれるのが、ダメージ分割です。


ロッテの攻撃スキルのほとんどは、低ダメージを複数回与えます

TPは、最大HPの2%につき1溜まるという縛りがありましたね。


ダメージ分割により、ロッテはこの縛りを下回りやすくなっています。すると、先制してダメージを与えているにも関わらず相手のTPを上げないため反撃のリスクを抑えることができる、という訳です。

HPの高いボス戦においては、大変有効な戦術となります。


ところが、ザコ敵はHPが高くないため、何をやってもTPは溜まってしまいます。しかし、そういった時にはパラメーター利用による火力アップが効いてきます。

特定のパラメーターを上げることでスキルの火力を上げれば先制攻撃により敵を瞬殺できるため、戦闘を有利に進めることができます。


ロッテは、この2つの特徴を利用して戦闘を有利に運ぶことが出来るキャラクターとなっています。



今回の紹介は、ここまで。
続きは、また来月。




ではでは、今日はこの辺で。
ネコタでした。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

猫民のんたん

Author:猫民のんたん

ネコタ:ゲーム作りが趣味の薬剤師。本職とゲーム作りの2足の草鞋を履きこなそうと日々奮闘。

毎週曜日と曜日or曜日に更新予定。


ミノン:ゲーム作り初心者で1児の母。前職はSE/PG。子育てをしながらゲーム作りを行おうと、日々奮闘中。

毎週曜日にブログ更新予定♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR